お金の振り込みはATMよりインターネットで

お金の振り込みと本人確認書類

お金の振り込みはATMよりインターネットで
金融の世界では、本人確認書類という書面がとても重要な役割を果たしているものです。この書面は、簡単に言うと身分証明書です。免許書や保険証などです。そもそも我々が銀行の口座を作る時に、この本人確認書類を確実に提出しているものです。銀行で口座を作る時に、多くの方は窓口を利用したかと思います。その時に申込書を記入しているはずですが、申込書と一緒に本人確認書類という身分証明書を提出しているものなのです。したがってまず銀行の口座開設時に、本人確認書類はとても重要な役割を果たしているといえます。しかしそれ以外にも、重要な役割を果たすケースがあります。それがお金の振り込みです。

銀行では、実は窓口から振込をすることなども可能です。多くの場合は窓口ではなく、ATMやネットバンキングなどを用いて振込をしているというケースが多いかと思います。しかし、銀行では窓口でも振込をすることは可能です。そして窓口でその手続きを行う場合には、実は本人確認書類が必要になってくるケースがあるのだそうです。ただそれは窓口での手続きにおいては、必ず必要になってくるという訳でもないようです。1回の振込の取引金額がどれぐらいになるのかにも左右されるようです。ある銀行の場合は、窓口で数万円を超える振込をする場合などは本人確認書類を行員の方に提示する必要があるそうです。したがって本人確認書類という書類は、銀行ではとても重要な役割を果たしていると言えます。本人確認書類は銀行の口座を作る時だけでなく、お金の振り込みをする時にも重要という訳です。