お金の振り込みはATMよりインターネットで

ネット銀行などは24時間体制のお金の振り込みの受け入れ

お金の振り込みはATMよりインターネットで
銀行へのお金の振り込みの受付はいつでも可能なものです。しかし入金した金額が相手の口座に反映されるのは、たいていは銀行の営業時間がスタートしてからです。例えば銀行の営業時間が10時から15時の場合は、深夜に振込をしても銀行は受け付けてくれます。しかし実際に相手の口座に着金がなされるのは、翌朝の10時などになるものです。相手への口座反映には、多少の時間が必要というわけです。

ところが銀行の中には、24時間体制の入金反映のシステムが採用されていることがあるのです。24時間の入金ができるのは、やはり利便性は非常に高いと思います。上記のように深夜に振込をしても、即座に相手の口座に反映がなされるからです。10時から15時のような場合は相手を待たせるデメリットがあることを考慮すると、24時間体制の入金ができるのはメリットが大きいと思います。

では、どのような銀行がそのようなサービスを提供しているかというと、やはりネット銀行などが多いようです。通常の銀行の場合は、色々な地域に店舗などを構えているものです。しかし銀行の中には、無店舗型のところなども存在するものなのです。ちなみにネット銀行の場合には、手数料が無料になっているケースなども多いです。昨今ではネット銀行はだいぶ普及したようですが、手数料がその一因だったという意見などもあります。なにしろ、ネット銀行での24時間体制のシステムは大きなメリットがあると思います。メリットが大きいだけに、今後の銀行の多くも24時間体制のシステムを採用するケースなどが増えてくるかもしれません。

金融でも話題のお金関連のハナシは、深く知るならココを一度覗いて下さい!!